お役立ちコンテンツ

スマホからもアクセス

二次元バーコードを読み取るか、スマートフォンにURLを送信してアクセスしてください。

法人のお客様へ

履歴書の書き方

履歴書の書き方

「履歴書は自分自身だ」と思って書く事が大切!

自分という人物を総合的に判断する書類だから、やる気をアピールする意味でも空欄は作らないこと。ゆっくり書いて丁寧な読みやすい字を心がけよう。下記「記入例」を参考に実際に履歴書を書いてみよう。
日付
履歴書を書いた日を記入する(提出直前の日付)。持参する場合は、当日の日付を記入する。
住所
省略せず都道府県から、建物の名称や部屋の番号、「○○方」まで詳しく記入する。フリガナは漢字のみに付与する。電話番号は自宅か、携帯電話のどちらか1つは記入する。
学歴
職歴の1行名には「職歴」と記入する。 入社した会社を全て記入する。アピールになるのであれば、長期間就業したアルバイトや(パート)歴も記入。職歴のあとに賞罰を記入する。特になければ「賞罰なし」と記入。
写真
スナップ写真は避ける。 服装はフォーマルで、3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用。髪形や表情、清潔なイメージに留意する。 写真の裏には必ず名前等を記入する。
免許・資格
自分が取得している公的に有効な免許・資格を取得順にすべて記入する。
志望の動機など
志望動機は必ず記入すること。積極性や目的意識などを明確にし、しっかり自己アピールしよう。間違っても空白欄にしないこと。
1.コピーや使い回しはしないように
2.字は上手よりも丁寧に(パソコンでもOK)
3.空欄や記入漏れが無いように
4.黒いボールペンで記入すること
5.「平成」→「H」など、略字は使わない
6.ウソや誇張はしない
7.二重線訂正や修正液・修正テープも使わない(間違えたら書き直すのが基本)
鉛筆や色ペンなどで書く。 ・・・黒色のペンで書きましょう。下書きもきちんとキレイに消してね。修正液などを使用して修正する。 ・・・間違えたら書き直しをしてください。 訂正印での修正も可能ですが、あまり良い印象を与えないので、なるべく書き直すようにしましょう。きちんと一枚一枚丁寧に書きましょう。
職務経歴書を書こう!
経験者優遇のアルバイト募集など、即戦力としての活躍が期待されている職業には付き物なのが職務経歴書。提出必須でなくても、提出しておいて損はありません。用紙・書式が自由なだけに、いかにわかりやすく・読みやすくまとめるかがポイントです。
職務経歴
関わった職務内容を書きましょう。即戦力としての能力をアピールするのが目的。経験した職務から応募する職種に活かせる内容を抜粋するなど工夫して、実績・能力・意欲をアピール!
会社の情報
働いた会社の概要も必ず記載すること。抜けていることが多いですが、あなたが活躍した環境にも採用担当者は興味を持っています。
期間&業務内容
見やすく、シンプルに!業務内容は、伝えたい気持ちが強すぎると長い文章になりがち。どこがアピールポイントなのか明確に伝わるよう、レイアウトも工夫して!
実績
達成率や改善実例、コストダウン実績を数字を用いて記入しましょう。数字がわかりにくい部門での業務なら、前年対比で業務効率を○%上げました等、表現できる方法を考えてみましょう。
退職理由
定型の「自己都合」「会社都合」でも良いですが、前向きな理由なら記入しておく方がベター。面接時に聞かれることの多い項目なので、面接を意識して整理しましょう。
経験・能力
業務内容の部分と同じで長くなりがち。一目で伝わるようシンプルにまとめましょう。
資格
取得順に記入するのが基本。取得した"月"までしっかり記入。
自己PR
採用後の目標やビジョン、自分を採用することによるメリットを記入。または今までの実務経験で学んだことを活かして、どのように活躍するのかを表現しましょう。

自分という人物を総合的に判断する書類だから、やる気をアピールする意味でも空欄は作らないこと。ゆっくり書いて丁寧な読みやすい字を心がけよう。 下記「記入例」を参考に実際に履歴書を書いてみよう。

履歴書の書き方画像
日付
履歴書を書いた日を記入する(提出直前の日付)。持参する場合は、当日の日付を記入する。
住所
省略せず都道府県から、建物の名称や部屋の番号、「○○方」まで詳しく記入する。 フリガナは漢字のみに付与する。 電話番号は自宅か、携帯電話のどちらか1つは記入する。
学歴
学校名は省略せずに記入する。 学歴の1行名には「学歴」と記入する。 小中学校を記入する場合は卒業年度のみ記入。学部や学科、専攻も記入する。
職歴
職歴の1行名には「職歴」と記入する。 入社した会社を全て記入する。アピールになるのであれば、長期間就業したアルバイトや(パート)歴も記入。職歴のあとに賞罰を記入する。特になければ「賞罰なし」と記入。
写真
スナップ写真は避ける。 服装はフォーマルで、3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用。 髪形や表情、清潔なイメージに留意する。 写真の裏には必ず名前等を記入する。
免許・資格
自分が取得している公的に有効な免許・資格を取得順にすべて記入する。
志望の動機など
志望動機は必ず記入すること。積極性や目的意識などを明確にし、しっかり自己アピールしよう。間違っても空白欄にしないこと。
「履歴書は自分自身だ」と思って書く事が大切!

鉛筆や色ペンなどで書く。 ・・・黒色のペンで書きましょう。 下書きもきちんとキレイに消してね。修正液などを使用して修正する。 ・・・間違えたら書き直しをしてください。 訂正印での修正も可能ですが、あまり良い印象を与えないので、なるべく書き直すようにしましょう。 履歴書をコピー・複製して使用する。 ・・・きちんと一枚一枚丁寧に書きましょう。


職務経歴書を書こう!

経験者優遇のアルバイト募集など、即戦力としての活躍が期待されている職業には付き物なのが職務経歴書。 提出必須でなくても、提出しておいて損はありません。用紙・書式が自由なだけに、いかにわかりやすく・読みやすくまとめるかがポイントです。

職務経歴書の書き方画像
職務経歴
関わった職務内容を書きましょう。即戦力としての能力をアピールするのが目的。経験した職務から応募する職種に活かせる内容を抜粋するなど工夫して、実績・能力・意欲をアピール!
会社の情報
働いた会社の概要も必ず記載すること。抜けていることが多いですが、あなたが活躍した環境にも採用担当者は興味を持っています。
期間&業務内容
見やすく、シンプルに!特に業務内容は、伝えたい気持ちが強すぎると長い文章になりがち。どこがアピールポイントなのか明確に伝わるよう、レイアウトも工夫して!
実績
達成率や改善実例、コストダウン実績を数字を用いて記入しましょう。数字がわかりにくい部門での業務なら、前年対比で業務効率を○%上げました等、表現できる方法を考えてみましょう
退職理由
定型の「自己都合」「会社都合」でも良いですが、前向きな理由なら記入しておく方がベター。面接時に聞かれることの多い項目なので、面接を意識して整理しましょう。
経験・能力
業務内容の部分と同じで長くなりがちな項目です。一目で伝わるようシンプルにまとめましょう。
資格
業務内容の部分と同じで長くなりがちな項目です。一目で伝わるようシンプルにまとめましょう。
自己PR
採用後の目標やビジョン、自分を採用することによるメリットを記入。または今までの実務経験で学んだことを活かして、どのように活躍するのかを表現しましょう。

経験者優遇のアルバイト募集など、即戦力としての活躍が期待されている職業には付き物なのが職務経歴書。 提出必須でなくても、提出しておいて損はありません。用紙・書式が自由なだけに、いかにわかりやすく・読みやすくまとめるかがポイントです。


キープしたシゴト

最近見たシゴト